前へ
次へ

肝斑治療をするなら専門の医師に相談

これから肝斑治療をしようと考えている人も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
肝斑治療の際に有効な内服薬としては、トラネキサム酸が有効だと言えます。
これは抗プラスミン作用を持っている成分です。
プラスミンはメラニンを生成する色素細胞を活性化させる因子のひとつだと考えられており、この動きをブロックしてくれるのがトラネキサム酸だという訳です。
このトラネキサム酸の動きによって、メラニンを生成する前の時点でメラノサイトの動きを阻害して、肝斑が発生するのを抑えることが出来ます。
また、ビタミンCも肝斑に直接アプローチをしてくれるので、肝斑を抑えるのに有効だと言えます。
しかしながら、本格的に肝斑治療をするのであれば、専門の医師に相談をしてみましょう。
やはり、専門の医師であればきちんとその人に一番合っている治療の方法を提案してくれるので、あらかじめしっかりと相談をしたうえで治療方法を選ぶと良いでしょう。

Page Top