前へ
次へ

肝斑治療はセルフケアをする前に皮膚科で受診

毎朝、鏡の前で自分の顔を見ると憂鬱になる事の一つにシミがあります。
年齢を重ねるとどうしても出来てしまうものですが、30~40歳代になって気をつけたいシミに肝斑があります。
私も、日頃から紫外線対策、美肌ケアなどしていたのですが、30歳を過ぎたあたりから肝斑と疑うシミが出来てしまいました。
女性ホルモンのバランスから30歳を過ぎたあたりから出来るようです。
もし、顔の両側に左右対称にシミが出来ていたとすれば、肝斑かもしれません。
最近では、肝斑に効果があるクリームや内服薬もインターネットや薬局で購入できます。
私は、一度自己流のケアで悪化させた事がありましたので、皮膚科を受診しました。
肝斑治療は色々とあり、レーザー治療や内服薬、塗り薬が一般的だと医師から言われました。
私が選んだ肝斑治療はケミカルピーリングです。
これはレーザー治療と違い、肌に薬剤を塗り肌の代謝を上げる治療法なので安心感があります。
肌の代謝が上がれば、メラニン色素の排出を促されるので肝斑を薄くなる事が期待できるのです。
この他にも、ビタミンAの一種のトレチノインが配合されている塗り薬もあります。
専門医だと色々と相談できるので、セルフケアをする前に皮膚科での受診をお勧めしたいです。

Page Top